FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-04

フォントって高い?

フォントって、やっぱりまだまだ一般的には「高いお金を払って買うほどのものではない」って認識なのでしょうか。
このブログは検索で来てくださる方が大半なのですが、検索キーワードは「フリー 金文体」「無料 フォント 明朝」などがとても多いです。明朝のフリーフォントはいくつかありますが、金文体や麗雅宋やヒラギノやリュウミンは、無料では手に入りませんよー!
(あ、昔のMACにはヒラギノ入ってたんでしたっけ、いいなあ)
まあ、あわよくば無料で、という気持ちはとってもよくわかるんですが(笑)
(余談ですが「とめはねっ! 同人」とかで来てくださった方はとんだ肩すかしで本当に申し訳ありません。日野姉妹本とかあるんだろうか、ちょっとほしいぞ。連載はスピリッツ移籍のようでほっとしました)
前にも書きましたがオタクというのは金のかかる趣味です。同人誌を作る人にしても他の物に比べたらフォント購入の優先順位は低い方でしょう。「なければできない」って物ではないですから。
だんだん書体に興味を持つようになって「どうしてもこのフォントがほしい!」ってことになるまで、お金を出してフォントを買う人はまだまだ少数派のようです。
だいたいフォントはソフトそのものを置いてる量販店も少ないし、平気で万単位だから購入するにあたってちょっと敷居が高いんですよね。
一万を超える買物にはその場の勢いも必要ですから!

さて、まあそんなこんなを踏まえて、同人者が「表紙や見出しに使うために」一番はじめに買ったらいいんじゃないかなーと個人的に思うのはやっぱりダイナフォントのパッケージです。
ダイナフォントは金文体、麗雅宋、優雅宋、クラフトなどのとにかく同人映えする人気書体が多く、パッケージには明朝やゴシック、筆文字などの基本書体もバランスよくひととおり揃っています。
FONTWIREも悪くないんですが、あれはちょっと基本書体が弱いし、個性的ながらも使いどころに迷うフォントが多い。
一番最初に買うならやっぱり値段から見てもダイナフォントが無難かなーと思います。もちろん好みはありますが。

DynaFont TrueType600+欧文3000Vista対応版&かんたん手書き工房DynaFont TrueType600+欧文3000Vista対応版&かんたん手書き工房
(2007/11/02)
Windows

商品詳細を見る


DynaFont TrueType600+欧文3000Vista対応版DynaFont TrueType600+欧文3000Vista対応版
(2007/03/30)
Windows Vista

商品詳細を見る


GETPLUSでの実売価格は1万円前後といったところでしょうか。
1つのソフトに一万円、こう考えるとものすごく高い買い物という気がしますが
ちょっと一万円でできることをちょっと考えてみましょう

・週刊少年ジャンプ定期購読10ヶ月分
・少年少女コミックスだいたい25冊(ジョジョならもうちょっとで3部完。惜しい。)
・青年誌コミックスおよそ20冊(ちょうど狂四郎2030が全巻)
・デトロイト・メタル・シティ DVD-BOX4枚組(アマゾン予約価格)
・DL版エロゲーだいたい4本
 (例1……同級生・遺作・肉体転移・ぱちもそ)
 (例2……腐り姫・CANONBALL・サフィズムの舷窓・蒼天のセレナリアファンディスク)
・マキシシングルCD 10枚
・オフセット印刷費 A5・20ページ50部(表紙一色刷)
・色上質中厚口 A4 6000枚
・1000円の同人誌10冊
・イーフロンティア Shade 10 Basic for Windows
・ジャストシステム ATOK 2008 for Mac + Windows 通常版

……「10000円ってたいしたことないよね!」って論調に持っていくつもりでしたが
「そりゃフォントなんてもんを買うよりは漫画25冊のがいいよ」って人も当然いますよね。しまったここまで頑張って書いて無駄足か。
私にとっても10000円はかなりの大金ですから
「DVDに10000円出すならフォントだって安いもんでしょ!」とはとても言えません。
でも、同人誌を作る人にとってはフォントというのは絶対あればあるだけ役に立つものです。
12色で絵を描いてもうまい人はうまいけど、256色ならもっと豊かな表現が可能なように
たくさんあればあるほどデザインの幅が広がります。
いっぱいあっても結局使うフォントって偏ってきますが(笑)
使ってみないとそのフォントの良さも欠点もやっぱり見えてこないのです。
まあ、600もあれば中には「ちょっとこれは」ってのもいくつかありますが(笑)
基本的には私はダイナコムのフォント、嫌いじゃないです。
「初めに何を買ったらいいんだろう」って人は買って損のないパッケージだと思います。

フォントは服と同じ、ってタイプラボさんでおっしゃってましたが
ダイナフォントはまさにチープで可愛いノーブランドのおしゃれ。
あちこちで同じ服を目にすることもあるけど、見栄えがするのも可愛いのもいっぱいある。
ブランド物にはないちょっとアンバランスな魅力もあったりして
多彩な着こなしの楽しめる量販既製服って感じです。
プロの人がダイナフォントばかりではちょっと、というのは
タレントや女優さんが公の場に出るときはやっぱりブランド物で装うべき、ってことなんじゃないかな。
そしてわれわれ素人が分不相応にブランド物をほしがるのもよくあることなわけです(笑)
スポンサーサイト

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

クロノ

Author:クロノ
同人やってます。小説本作ってます。フォント大好きです。
一度とて売れたためしがない底辺同人作家だけどフォントや紙にはこだわりまくり、貧乏なので印刷所に頼むお金もなくプリンタ出力で本を作ってます。
でもやっぱり売れないので経費ばかりかさむ今日この頃。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。