FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-29

筆をギュッとね!

河合克敏先生のマンガは帯ギュから愛読しておりますが(当時のサンデーは輝いてたな……)
今ヤンサンで連載中の「とめはねっ!」というマンガ、これはいいですよ!
書道マンガなのですが、書体に興味のある方なら読んで損はないと思います。
マンガとして面白いのはもちろんのこと、書体の成り立ちや豆知識がびっくりするくらいわかりやすく解説されています。3巻の篆体についての話なんて目から鱗(もしかしたら書体にかかわる方には常識かもしれないですが)。
最初は「し、書道マンガっすか」と驚いたものですが、青春部活ものとしてとても面白いし、作品中にたくさん登場する行書楷書さまざまな書もとてもいい感じです。
はっきり言って私はいままで行書や楷書にはさほど思い入れがなく、「あれは年賀状の宛名用でしょ」くらいにしか思ってませんでしたが(まあここ数年、年賀状出してませんが)
このマンガを読んでがぜん興味がわいてきたところです。
ただ行書や楷書は使い方を間違えるとすごく古臭さ漂うものになってしまうので(白舟書体のデザイン筆文字とかだと別だけど)センスがない人(私)が使うのはちょっと危険なんですけどね。
読んでるだけで字がうまくなるような気がしてくるこのマンガ
「文字の美しさってなんだろう」というプリミティブな疑問に対してのひとつの回答を教えてくれるんじゃないかな、と期待しています。

タイトル文字はデザイナーさんが独自にデザインされたものだと思いますが
副題「鈴里高校書道部」の文字には「DFクラフト遊」が使われています。
「はね」の下のところ、わかるかな?
まったく書道っぽくないフォントなのがミスマッチでいいですね。あくまで軽やかでポップな作品の空気にはとっても似合ってる。
もし読む機会があればぜひ見てみてください。面白いですよ。
主人公の子がぜんぜんモテモテじゃないところも気に入ってます(笑)


とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
(2007/05/02)
河合 克敏

商品詳細を見る

とめはねっ! 鈴里高校書道部 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 鈴里高校書道部 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)
(2007/10/05)
河合 克敏

商品詳細を見る

とめはねっ! 3 (3) (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 3 (3) (ヤングサンデーコミックス)
(2008/04/04)
河合 克敏

商品詳細を見る
スポンサーサイト

theme : 書道
genre : 学問・文化・芸術

2008-04-23

印刷発注書はコミケの申込書を書く気持ちで

純然たる雑談です。あんまりフォントのこと書いてません。


同人とフォントを語るなら、データ入稿などについてもいろいろと書かないといけないと思うんですが
恥ずかしながら表紙しかデータ入稿したことがありません。
(そしていつもイラレでフォントはアウトライン化してるので、フォントトラブルが起こりようもない)
それというのもここ数年オフセットで本を作ってないからなのですが
(貧乏・本売れない・原稿ギリギリまで仕上がらないの三重苦を背負ってるので)
やっぱりデータから直接デジタル製版すると仕上がりも格段に綺麗ですからね。
もう少し売れるようになったら私も本文データ入稿にチャレンジしたいと思います。
今はPDF入稿が主流なのでフォント関係のトラブルもずいぶん減ったんじゃないでしょうか。
PDF化もフォント埋め込みもソフトの方でやってくれるし。
データ入稿の場合いちばん大切なことは「どんな環境でも同じデータが開けること」です。
せっかくいいフォントを使っても、データを作るときに埋め込み処理やアウトライン化しなければ「そのフォントがインストールされていないPC」では開けません。気をつけましょう。
まあ私がよく知りもしないでごちゃごちゃ書くよりは
本文データ入稿¢(∀`){モノクロ)でも見てもらった方が100倍はためになると思います。
ただ、印刷所によって設備は本当にまちまちだと思うので、マニュアルに載ってないことはやらないほうがいいと思います、経験上。どの印刷所にも得意分野と苦手分野があるからね。一応やらないこともないけどできたらデータは受け付けたくない、って印刷所もあると思う。
自信がないときには「本文データおまかせ下さい!」と喧伝してるところを使った方がいいかもしれません。わからないところは相談できるし。
保存形式やバージョンは印刷所の指定通りか(全部の印刷所がみんな最新バージョンのソフト使ってるとは限りません。カラーならRGBを受け付けないところもあります)、レイヤーは統一されてるか、フォントはしっかりアウトライン化・埋め込み処理等ができてるか、解像度は指定通りか、印刷所のマニュアルと照らし合わせて最後にしっかり確認を!
特にでかいイベント前は印刷所も混沌としてますから、なにが祟るかわかりません。
たとえデータにまったくミスがなくても、時としてとんでもないトラブルが出てしまうのがデジタルの怖いところ。まして発注者が作ったデータにミスがあった場合、1日は作業が遅れると思ってください。極道入稿の場合は致命的です。
時間があるようならお友達のPCでデータを見てもらって、ちゃんとフォントが埋め込まれてるか、文字化け等はないか、版ズレや抜けはないか、ノンブルは正しいか、確認してもらうのが理想的ですね。
まあ、イベント前日に大急ぎでプリンタ出力してホテルで製本してる私が言っても説得力ないですが。

あ、あと、たぶんこれわりとおざなりにされてる部分だと思うのですが
入稿するときに印刷発注書書きますよね、本のタイトルや部数や色指定やその他もろもろを書くあれ。
あれはものすごく重要なものです。万に一つも間違いがあっちゃいけません。
入稿前はコミケの申込書と同じくらい神経質に確認してください。できたら脱稿後のへろへろ状態で書くより、余裕のある頃に準備しておくことをおすすめします。
部数や判型、特殊紙の紙名、単色印刷の色番号、ひとつ間違えたら悲劇です。あれば見本や注意書きを添えましょう。直接入稿の場合は印刷所の人にもしっかり見て確認してもらいましょう。
さてなんでそんなに発注書が大切か。
それはたいていの印刷所では、電話や窓口で受付をする人と実際に印刷機を使って印刷する人は別だからです。(全部兼任のところもあるだろうけど、あくまで最大公約数の話ね)
そして面付け→製版→印刷→製本の工程はそれぞれの担当者がその一枚の発注書をたよりに作業するからです。電話や窓口で受け付けてくれた人=あなたの本の印刷責任者ではありません。
「後からミスに気付いて電話連絡したのに、結局間違ったまま印刷されてきた」って苦情、よく聞きます。お気の毒だと思います。
でもコミケの申込で、後から内容の訂正は(基本的には)できませんよね。
同人印刷って、非同人の印刷所に勤めてた私から見ると破格の安値です。
これはあくまで「完全原稿」であることが前提の価格です。それ以上のことは値段に入ってません。
「印刷所の人が「台詞が抜けてます」って電話くれた」ってこともありますが、それはラッキーな価格外サービスです。普通はしてくれません。
さらに大きなイベントでは、あくまでも「ともかく間に合わせること>綺麗に刷ること>>>>お客さんの原稿の訂正」です(一般論です)。
印刷以外のことを印刷所にさせちゃいけません。
くれぐれもデータと発注書は正確に!出力見本もつけましょう。

ぜんぜんフォントについて語ってないよーな……すみません。
元印刷所勤務の血が騒いで、つい熱くなってしまいました。


あ、あと、これ以降はほんとにちょっとした愚痴です。

続きを読む

2008-04-20

萌えるフォントfor女子(パクリ企画)

言うまでもなく遠近法ノートさんの名記事「萌える和文フォントを探すのよっ!」
パ……剽……真似っこ企画です。恥ずかしげもなく。
もちろん私は女ですので、女子的あるいは腐的に萌えるもの限定です。
そして素人なので安価orフリーのフォントが中心です。

腐女子妄想満載で相当気持ち悪い記事になることと思いますので、この先は「覚悟」のある方だけご覧下さい。
気持ち悪くなっても自己責任でよろしく。吐き気には炭酸飲料がいいらしいです。

バッチ来いという方は↓からどうぞ


続きを読む

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

2008-04-15

【綜藝体】と【新藝体】は他人の関係

今日はダイナフォントの「DF綜藝体」とアーフィックの「AR新藝体」という
一見よく似た書体を比較してみようと思います。
どちらも写研の「創挙蘭」をお手本にしてるのかな。フラットでかっちりした個性的なデザインで、大きく使うとかなり目立つのではないでしょうか。
ただ、あんまりシリアス物や悲恋物には合わないかな。

演説っていいですよね、ヘルシングの少佐とか


上の画像は同じポイントで作成しましたが、綜藝体の方がこころもち小さ目ですね。
一見似ていますが、「立」の四画目やひらがななどは違いが顕著です。
「国民」は、ちょっと見分けがつかないくらい似ていますね。

ひらがなだけ見てみましょう。

というかギレンが好きなんですが


思いのほか似てません。ひらがなだけだとまったく別の書体ですね。
カタカナはどうでしょう。

もちろんジオン派です


こっちも、まったく別物ですね。
ひらがなカタカナともに、綜藝体の方がカクカクしてて新藝体の方が丸っこい感じですね。
デザイン的には、私は綜藝体の方が漢字に合っている気がして好きですが、新藝体の方が可読性は上でしょうか。

漢字かな混じり文だとこんな感じです

坊やだからさ、と答えないわけにはいきませんね


漢字はやっぱりかなり似てますが、マス目いっぱいにデザインしている感のある新藝体の方が私は好きかな。
ただ、漢字はマス目いっぱい使ってるにもかかわらず、かなはちょっと小ぶりで丸っこくデザインされてるので漢字かな混じり文のバランスはちょっと悪いと言わざるを得ません。
トータルバランスで見ると綜藝体に軍配が上がるかなあ。

こちらはDF綜藝体です


こちらはAR新藝体。もちろんキシリア様も大好きです


私はあんまりフォントの縦横比を変えたりするのは好きじゃないのですが
斜めにしたり長体にしたりしても、これだけ個性的なデザインだと持ち味を損なうことはないみたいですね。

AR新藝体は毎度おなじみFONTWIRE3400で入手しました。(vectorで単体購入できるみたいです)
DF綜藝体はダイナフォントのパッケージには必ず入っています。ダイナフォントもvectorで一書体ごとに買える模様(パックで買ったほうがお得ではありますが)。
漢字部分はそれほどの差異はないような気がするので、どちらか迷ってる方はかなの好みで決めたらいいんじゃないでしょうか。

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

2008-04-12

ゲームには気をつけろ!

まさか自分のブログ記事がゴルゴ31さんやカトゆー家断絶さんにリンクされる日が来ようとはなあ……
はてなでブックマークしてくださった方もありがとうございます。
せっかくたくさんの方に来てもらったのだから何か有益な情報を、そうだ商業利用OKなフォントの一覧でも作ろうか、と思ったらもう作ってらっしゃる方がいました。
(こちらのサイトもはてなブックマークのコメントで知りました。ありがとうございます。ネットって便利だなあ)
ダイナフォントはこのリストには入ってないけど商用利用許諾を見た限り「商標登録するロゴやデジタルコンテンツに使うなら別途料金いるよ」ってことだと思うので、普通に紙に印刷する同人誌はOKじゃないかな。タイプムーンも20万とか払ったんでしょーか。
イワタやリョービ、モトヤといった老舗メーカーも商用利用について見ると「ゲームやテレビのテロップに使うときは別途契約が必要」とあります。同人ゲームを作る人はフォント使用については相当注意したほうがいいと思います。
実は私も同人ゲームを作ってるところなのですが、ボタンひとつ作るにも気が抜けません。
MS明朝とかも使わないほうがいいみたいですよ。それを知ったときは正直驚きました。MS明朝なんて空気みたいに使えて当然だと思ってましたよ。あっぶねー。
私はかなり遅筆なほうで、同人誌も一年に激薄の本を5~10冊出す程度なので、年単位でメーカーの全書体を自由に使えるフォントワークスのLETSMORISAWA PASSPORTに入会する予定はいまのところないのですが
そりゃFWやモリサワのフォント使い放題、フォント好きならあこがれないわけがないですよ!
さらにこのふたつのライセンスは印刷はもとよりゲームやロゴ、テロップやweb等にも使ってOK。
リュウミンとか新ゴとか人気ないみたいだけど私はいい書体だと思うし(まあ基本書体買ったんでリュウミンと新ゴは持ってるんですが)、丸フォークも可愛いなあ。
フォントワークスのフォントはいっこも持ってないのですがスーラやロダンには前からあこがれてます。筑紫明朝も綺麗ですよね。システムを不安定にするほどインストールしてフォントフォルダを埋め尽くしてみたい!
今のところはどちらも1年の利用金額が私の2ヵ月分の生活費くらいなのでとても無理ですが、なにかの拍子に大金が入ったら絶対入会するんだ、と思ってます。

モリサワパスポートについては和文フォント大図鑑でとっても詳細にレポートが書かれていました。
同人ゲームで大儲けする予定のある人は、入った方がいいと思う。


MORISAWA PASSPORT ONE新規MORISAWA PASSPORT ONE新規
(2007/12/06)
Array

商品詳細を見る

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

2008-04-09

フォントの商用利用と同人その2

前回の記事で「同人でフォントを使用する場合は商業利用であり、商業利用不可のフォントは同人誌に使っちゃ駄目」とかエラそうに言いましたが、私自身つい最近まで「PCに入ってるフォントはすべて同人誌に使用したところで何ら問題はない」と思っていました。
これは私の作ってる本が実に小部数という事実も大きいと思うのですが(笑)「こんなにちょこっと(100部以下)しか刷ってないんだし、所詮は内輪に出回るだけ。それに赤字なんだから個人的利用だよね」って意識でした。
昔買ったPCにプリインストールされていたフォントはCDに焼いて新しいPCにもインストールして使っていたし、「個人利用のみ可」のフォントもバンバン表紙のタイトルに使用していました。
あなたのPCの中にも「最初から入ってた」ってフォントや「どこから入手したか覚えてない」ってフォント、いくつかあると思います。
PCメーカーのサービスなのか何かのソフトやハードに付属していたものなのか(プリンタやエディタソフトやDTPソフト、素材集なんかにもよくフォントがバンドルされてますよね)、それが商用利用していいものなのか悪いものなのか、もうわかんない!いいじゃないちょっとくらい!というのが正直な気持ちだと思います(笑)
個人的意見を言うと、そういうのはよほどあやしくない限りは使っていいんではないかな……と思ってます。あくまで常識的な範囲での話ですが。不正な手段で入手したんでなければ、きっとどこかでお金は払ってるはず。買ったPCにもともと入っていたなら、その金額もPCの価格に含まれているのだと思います。
ただ「今使おうと思ってるこのフォントも、どっかから自然発生したものではなく、誰かが時間や手間をたくさんかけて作ったもの」という意識は忘れないでいたいですね、フリーフォントでもそれは同じだと思います。二次創作で原作へのリスペクトを忘れてはいけないのとちょっと似てるような気もします。

で、「商用利用不可」のフォントの場合ですが、昔私が「同人は商用じゃあなくて個人的利用」と思っていたように「同人が商用か否か」は世間的にはまだまだグレーゾーンかなあ……と思います。
だいたい同人がデジタルに移行しはじめたのだってここ10年くらいの話ですし、メーカーさんも商業印刷に関してはそれぞれしっかりとした規約があると思いますが、同人に対して明確なスタンスってまだ持ってるところは少ないんじゃないかなあ。
同人そのものの実態をよく知らないメーカーもあると思うし、「素人の趣味だから黙認」ってところも「お金のやり取りがあるならたとえ小額でも商用」ってスタンスのところもあるんじゃないかと思います。
実際フォントメーカーがわざわざ同人誌をチェックすることはまずないと思うので(コミケで壁になったりとらのあなに大量卸するくらいの規模だとちょっとわかりませんが)、もうそこらへんは使う側の良識にかかってると思います。
モトヤさんなんて全書体の試用版があるばかりでなく一部のフォントは完全な製品版と同じ試用版をDLさせてくれる太っ腹っぷり。その気になれば同人なんてノーチェックで使い放題です。またどれもいいフォントなんだ。アポロなんて洗練の極みですよ。いつか買うつもりでお金ためてます。
でもやっぱり試用版はメーカーさんの好意であり「気に入ったら購入してね」ってことであり、決して「これ使って同人誌作ってもいいよ」ってことじゃないと思うので、我慢しています。あ、でも値札にはちょっとだけ使っちゃいました、すみません。
あと、気になるのがこのフォントパックの存在です。
ニィス 丸徳フォントパック 日本語100書体 Windows対応 TrueType日本語書体ニィス 丸徳フォントパック 日本語100書体 Windows対応 TrueType日本語書体
(2003/09/05)
Windows

商品詳細を見る

私はこのニイスの屋台骨「TTウイン」シリーズをてがけた三宅康文氏の独特のはっきりしたデザインを一目見て気に入ってしまい、このパックも「うわあ100書体でこれなら激安じゃん!」とロクにメーカーサイトの説明も読まずに入手したのですが
これって「個人使用のみ」なんですよね……同人誌、いいのかなあ。だめかもしれん。
私も一度「同人は商用」と自分の中で定義してしまった手前もうこれを表紙に使うわけにはいきません。激安とはいえそれなりのお金出して買ったのにぃ~! という気持ちはぬぐえません(笑)くやしいんでチラシに使ったりしています。
メーカーサイトの文字の使い方(pdf)を見ると「業務用には使えません」と書いてあるから、「同人誌は個人使用に入る」という認識なのかもしれないですが……
神楽とかウインZとか、すごくいいのにい。ためらいなく表紙に使っていた頃に戻りたい(笑)
ニィスに問い合わせてみようかな。もしこのフォントパックの同人使用について知ってる方がいらっしゃいましたら教えてください。

「お金のやりとりがないチラシや無料配布本なら商用不可のフォントを使っていいのか」「問題は売買が発生することであり、金額や部数は関係ないのではないか」「同人と言っても所詮は個人の趣味、それを商用ととらえるのはどうか」等、同人誌の形態が千差万別であり、かかわる人々の意識もさまざまである限りいろんな意見が出てしまうのは仕方ないと思います。私自身「同人は商用利用」というスタンスではありますが、「本はだめだけどチラシくらいならいいんじゃないかな?」程度の甘い認識を捨て切れませんし。

ともあれ前にも書いたように、どのフォントも誰かが時間と労力とお金をかけて作ったものだということを忘れずに使っていきたいものですね。

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

2008-04-03

英語が苦手でスミマセン

英語が昔から苦手で、今でも小説を書くときにはめったに日本語以外のタイトルは使いません。
なのであまり英字フォントを使用する機会がありません。
裏表紙にジャンルとカップリング表記をするときくらいでしょうか。
もし英字フォントについての記事を見に来てくださった方がいたら申し訳ないのですが
当面このブログで英字フォントについて書くことはないと思います。
いっぱいありすぎて選べないしね!
impactとかbookmanとかのもとからPCに入ってるフォントで事足りたりしますし。
というか、impactでタイトルどーんと入ってるの、普通にかっこいいと思う(笑)

英字のフリーフォントはネットで探せば膨大な数が見つかるので、かえって選択が難しいんじゃないでしょうか。配布サイトもgoogleで検索すればアホほど見つかります。
やみくもに探さずに、まずほしいフォントのイメージを明確に持って探す方が無駄がないんじゃないかな。
書体はブラックレター系がやっぱり同人では人気でしょうか。でもあれは何が書いてあるかよくわからなくて私はちょっと苦手です(笑)綺麗だしかっこいいんですけどね!
フォント配布やリンクサイトは本当にいっぱいあるんでとても紹介しきれませんが
有名なところだと1001Freefonts.com(リンクが間違ってましたすみません)やFontFileあたりが定番でしょうか。
個性的なデザインが多くてリスト見てるだけで楽しいなー。
でも英語苦手だから海外サイトは見てると微妙にストレスが。

一気に基本的なものを入手したければ↓この本買っておけばまず「なくて困る」ってことはないと思います。
下の方が4版で新しいものですが、基本的に同じ本なのでどっちか手に入りやすい方を買っておけばいいかと思います。

TrueTypeフォント パーフェクトコレクション (デジタル素材ライブラリ)TrueTypeフォント パーフェクトコレクション (デジタル素材ライブラリ)
(2004/04)
不明

商品詳細を見る

改訂4版 TrueType フォントパーフェクトコレクション(CDROM付) (デジタル素材ライブラリ)改訂4版 TrueType フォントパーフェクトコレクション(CDROM付) (デジタル素材ライブラリ)
(2008/01/31)
不明

商品詳細を見る


前に紹介したFONTWIRE3400にも「たぶんこんなに使い切れない」ってほど入ってました。
英字フォント、私にはまったく使いこなせてないのでとてもレビューなどおこがましくてできませんが
(それを言ったら日本語フォントだって使いこなせてないですけど)
とにかくアルファベットを使ういろんな国のたくさんのデザイナーが
膨大なデザインのフォントを作ってるのだと思うとなんだかわくわくしてきます。
そのうち私のお気に入りのフォントなども紹介していきたいと思います。
今回は雑談というにも煮え切らなくてすみません。

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

2008-04-02

フォントの商用利用と同人その1

タイプラボのメールマガジンでこのブログを紹介していただきました! ありがとうございます!
おかげでものすごい数のアクセスがあってちょっとビビっています。今まで一日10人とかそんな感じでやっていたので。
ご来訪まことにありがとうございます。ごゆっくりどうぞ(といってもこの間はじめたばかりで記事が少なくてすみません)。

というわけで今回はちょっと真面目に「フォントの商用利用と同人」について語ってみます。
同人誌と一言で言っても、内容も発行部数も本当にさまざまです。何千部も発行されるものもあれば数十部しか発行されないものもあります。
さて、フォントを使うに当たって、はたして同人誌は「個人的使用」に含まれるのでしょうか。
個人的には、小部数の本は個人的使用と認めてくれないかなーと思わないでもないのですが(笑)
やっぱりお金を取って販売するものに使う限り、同人誌だって立派な商用ですよね。だから基本的に各フォント会社の「商用使用許諾規定」に従わなくてはいけないと思います。
思うけど「発行部数30部の本作るのに一万円のフォント買うのはキツいよねー」と思ってしまうのもまた事実。本文に使う書体ならまだしも、タイトル部分に使うデザイン書体なんかは個性が強ければ強いほど頻繁には使えないですし。
今現在、フォントを購入する人って大部分がプロのデザイナーさんやDTPオペレーターの人だと思うから、メーカーさんも「商用利用=プロの現場で使われる場合」って意識なのだと思います。
だからこそのあの値段なわけで、まだまだ単なる趣味の同人作家は「高価なフォントを購入する層」の中には含まれてない。
中には「同人は趣味だから、少しくらい高いフォントも『お金のかかる趣味』と思って割り切ってる」って人もいますけど、私のような「ほしいけど万単位はとても無理」って人の方がたぶん多いんじゃないでしょうか。
あ、別に「だからもっと安くしろ」と言ってるんではないんですよ!何万もする書体にはそれだけの価値があるのだし、1書体を開発するのは気の遠くなるような手間と時間がかかると思います。
でも値段だけで敬遠されてしまうのももったいないなーと思ってしまうのですよね。

商業使用よりちょっと廉価な「同人ライセンス(商用不可だけど同人誌なら使用可、ただし部数1000部以内に限る、みたいな感じ)」みたいなものができてくれたらいいんだけど、やっぱりちょっと難しいかなあ(笑)
それで第一水準のみ収録で一書体2~3000円なら、ほしい書体いっぱいあります!
まあ昔は同人誌の表紙タイトルは自分で手で書くもので、印刷所で写植を頼んだら一タイトル1000円以上するのが普通だったから、それを思えば随分贅沢言ってるなーと思いますけどね。
もしここを見てらっしゃるメーカーさんがいらっしゃいましたら、ぜひご検討ください(笑)
プロフィール

クロノ

Author:クロノ
同人やってます。小説本作ってます。フォント大好きです。
一度とて売れたためしがない底辺同人作家だけどフォントや紙にはこだわりまくり、貧乏なので印刷所に頼むお金もなくプリンタ出力で本を作ってます。
でもやっぱり売れないので経費ばかりかさむ今日この頃。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。