FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-12

同人誌に使用フォントを記載してみませんか

ご無沙汰しております!
休んでる間にうっかり新しいジャンルにはまってアホみたいにいっぱい本を作りました。
それでまた新しいフリーフォントを探したり
フォントパックに入ってたけど今まで使ってなかったフォントを使用してみたりしました
やっぱりそうやって表紙のデザインとか考えてるときが一番楽しいですね、作業に入ると一気に苦行……もちろんこの苦行も楽しいのですが!
そして私はダイナコムのクラフト遊というフォントがとても好きなんですけど
ひらがなは漢字ほど好きじゃなくて、先日本のタイトルに使った時に
ふと思いついて【S R H】様の「丸田さん」と組み合わせてみたらこれが可愛い!
リンクウェアということだったので後ろの遊び紙の隅に使用フォント一覧を記載して
サイトURLとフォント名を載せてみたのですが
特にリンクや記載の必要のないフォントでも
本を読んだ人が「これってどういうフォントなんだろう」って思ったときに
すぐわかったら便利だなーとそのとき思い
それからはできる限り使用フォントを本のうしろに記載することにしました。
もちろん漫画を描いてる方でいろんなフォントを使用される方は
なかなか全部記載するのも面倒だろうし入稿前の切羽詰った時にはそんな余裕はないと思うんで
(実際私もギリギリで作成した本に記載するのは無理でした!)
時間に余裕がある時、気が向いた時だけでも

ご自分の作った同人誌に使用したフォントを記載してみませんか?

他の人がどんなフォントを使ってるかとっても気になる私のような人間もいますし
特に小説本文の明朝なんかは「ああ、このウエイトでこのサイズだとこんな感じかー」って
現物を見るのがなにより参考になると思うんですよ。
WEBのサンプルと実際印刷されて本になってるものはまた違いますし
自分で作った本が自分の好きなフォントのプロモーションになると思うとちょっと楽しくないですか?

フォントにこだわりのある方で「もうやってるよ」って方もいらっしゃると思うのですが
私はいまのところそういう本を自分の作った本以外で見たことがないので
よそ様の本に使われてるフリーっぽい可愛いフォントを見ては
「えーかわいいなーどこのだろう」って歯がゆい思いをすることもよくあります(笑)
そんなときに後ろの方に「これはこういうフォントを使いました」って書いてあるとほんとに助かります!

もちろん強制でもなんでもないですけど、もしフォントがお好きでこだわりがあって
「やってみようかな」って方がいらっしゃいましたら是非、あとがきにでも奥付の下でも
遊び紙や表3の隅にでも、そっと(あるいは堂々と)使用フォントの名前を載せてみてください!
そんな提唱というかお願いでした。ちょっとだけでも広まったら嬉しいなあ。
スポンサーサイト
2009-05-24

フォントの商用利用についての記事の補足とお詫びといろいろ

更新しますといいつつまたずいぶん遅くなってしまいました、申し訳ない。
拍手コメントの方からたいへん耳の痛いご意見を頂きましたので
商用利用について以前書いた記事の反省なども込めつつ
今の見解を書いてみようかなと思います。
結局ちゃんとした結論が出せてないのでぐだぐだですけれど。前に書いたことを繰り返したりもしてますけど。あまり建設的な意見も出せずすみません。

まず以前の記事は「フォントに興味があってちょっとこだわってみたいけど、商用許諾や作成者の権利やなんかには全く詳しくない同人者」の立場として書いたもので、今でも大半の同人作家はあまりそういったことを考えずに使いたいフォントを使っているのが現状だと思います。
パソコンに最初から入ってたフォントや年賀状作成ソフトに入ってたフォントを同人に使っていいかどうかなど検討したことさえなかった人が大半だと思います。
私ももちろんその程度の意識しかなかったのですが、色々と調べていくうちに「同人が商業としてグレーゾーンだからといって知らん顔でなんでも使い放題にしていいのかな」と思い始め
「私も含め今まで考えずに使っていた人はもう少しいろいろ意識してみるといいんじゃないかな」と思って当時あの記事を書きました。
今見直すとかなり甘い考えが透けて見えて冷や汗が出ますが、フォントについて改めて考えるちょっとしたきっかけになってくれたならよかったと思ってます。
幸い大きいところで取り上げていただいたおかげでたくさんの方に見ていただけましたが
私にも「問題提起」はできても「これが正しい」というのは未だにわかりません。
私自身が「同人は商用なんだから商用利用可のフォントをちゃんと買って使おう」と思っていても
他人に「同人は個人使用じゃないんだから個人使用のみ可のフォントを使うな、最初からPCに入ってたフォントも使いたかったら商用可の商品を買い直せ」と強制することはできません。
「個人使用のみ可」のフォントもごく内輪だけに見せるだけの本ならいいのか、無料配布の本ならいいのか、いちいち決めていたらきりがありませんし。
一番楽なのはフォント制作会社さんなりフォントの入った商品(素材集など)を出してるメーカーさんが
「これは同人全般に使っていいよ」「紙ならOK、デジタルNG」「1円でも利益が出るならダメ!」「○○部以下ならOK、それ以上はだめ」等としっかりそれぞれわかりやすく定義してくれることですが
同人そのものがまだアンダーグラウンドな趣味と認識されていること、金銭のやりとりがあるにもかかわらずアマチュアリズムによって成り立っていること、営利部分が非常に曖昧なことなどもあり
企業がはっきり「同人誌への使用について」を明記することは今後もあまりないように思えます。
(その点個人でフリーフォント配布などなさっているサイトさんは対同人への対応もしっかり書いてくださっていて同人者としてはとても助かります)
前の記事では「PCに入ってたフォントは使ってもいいんじゃない?」とか言ってましたが、現在はそれはやっぱりいかんのじゃないか、と思ったりもしています。
一番問題がないのは商用可のフォントをちゃんとお金を出して買ってそれのみを使うことです。私も今はそうしてます。それが当たり前になるのが一番健全なんじゃないかな、と今は思ってます。
でも、実際問題そういうのを徹底するのは難しいですね。私の考えも一個人の考えに過ぎません。

いただいたコメントで「商用利用というのは、出来上がった作品の形態が営利目的か非営利かではなく、使用者がそのフォントを使うことによって対価を得ているかいないかだ」というご意見があり
(コメントは結構前にいただいたのに対応遅くなってしまって申し訳ないです)
商用利用については営利目的か非営利か、で区別した方がわかりやすいのでそういう書き方をしたんですが問題があったならすみません。
そのフォントを使うことによって対価を得る、というのがちょっと抽象的で解釈が難しいので
そこらへんはもう少し考えさせてもらえたらありがたいです。


なんにせよ「フォントを作った人への感謝とそれを尊重する気持ちは使用する人全員が持つべき」
という気持ちは持っているつもりだったので
私の書いた文章がフォントの作り手さんの気持ちを無碍にしてるというご意見をいただいてちょっと反省しました。そんなつもりはなかったのですが、そう読み取れる部分があったなら本当に申し訳ないです。
私自身はフォントを作る人はみな尊敬の対象ですし、使用フリーで素敵なフォントがあったらどんどん使っていきたい。購入したいと思ったら無理してでも買いますし、このブログでも「このフォントすごくいいよ!」って紹介したいし、それで素敵な本が増えたらみんな嬉しいと思ってたんですが
なにかフォントの作り手さんに失礼なことを書いてしまったかなあ。不快に思った方がいらっしゃったら本当にすみません。
うっかり失礼なことを言ってましたらまた指摘してくださると嬉しいです。
そしてこれからも作成者さんに感謝をこめてフォントを使っていきたいなあと思ってます。
もっとフォントで楽しみたい、素敵なフォントの存在を皆に知ってほしい、いいフォントを使っていい本を作る人がもっと増えたらいいなあ、そう思って作ったブログですので。

まあこんなに放置してたら説得力ないんですが(笑)すみません!
拍手から温かいコメントもいただいて恐縮しつつ本当に喜んでいます。
厳しいご意見も厳粛に受け止めようと思ってます。なにかありましたらお気軽にどうぞ。
2008-08-04

フォントって高い?

フォントって、やっぱりまだまだ一般的には「高いお金を払って買うほどのものではない」って認識なのでしょうか。
このブログは検索で来てくださる方が大半なのですが、検索キーワードは「フリー 金文体」「無料 フォント 明朝」などがとても多いです。明朝のフリーフォントはいくつかありますが、金文体や麗雅宋やヒラギノやリュウミンは、無料では手に入りませんよー!
(あ、昔のMACにはヒラギノ入ってたんでしたっけ、いいなあ)
まあ、あわよくば無料で、という気持ちはとってもよくわかるんですが(笑)
(余談ですが「とめはねっ! 同人」とかで来てくださった方はとんだ肩すかしで本当に申し訳ありません。日野姉妹本とかあるんだろうか、ちょっとほしいぞ。連載はスピリッツ移籍のようでほっとしました)
前にも書きましたがオタクというのは金のかかる趣味です。同人誌を作る人にしても他の物に比べたらフォント購入の優先順位は低い方でしょう。「なければできない」って物ではないですから。
だんだん書体に興味を持つようになって「どうしてもこのフォントがほしい!」ってことになるまで、お金を出してフォントを買う人はまだまだ少数派のようです。
だいたいフォントはソフトそのものを置いてる量販店も少ないし、平気で万単位だから購入するにあたってちょっと敷居が高いんですよね。
一万を超える買物にはその場の勢いも必要ですから!

さて、まあそんなこんなを踏まえて、同人者が「表紙や見出しに使うために」一番はじめに買ったらいいんじゃないかなーと個人的に思うのはやっぱりダイナフォントのパッケージです。
ダイナフォントは金文体、麗雅宋、優雅宋、クラフトなどのとにかく同人映えする人気書体が多く、パッケージには明朝やゴシック、筆文字などの基本書体もバランスよくひととおり揃っています。
FONTWIREも悪くないんですが、あれはちょっと基本書体が弱いし、個性的ながらも使いどころに迷うフォントが多い。
一番最初に買うならやっぱり値段から見てもダイナフォントが無難かなーと思います。もちろん好みはありますが。

DynaFont TrueType600+欧文3000Vista対応版&かんたん手書き工房DynaFont TrueType600+欧文3000Vista対応版&かんたん手書き工房
(2007/11/02)
Windows

商品詳細を見る


DynaFont TrueType600+欧文3000Vista対応版DynaFont TrueType600+欧文3000Vista対応版
(2007/03/30)
Windows Vista

商品詳細を見る


GETPLUSでの実売価格は1万円前後といったところでしょうか。
1つのソフトに一万円、こう考えるとものすごく高い買い物という気がしますが
ちょっと一万円でできることをちょっと考えてみましょう

・週刊少年ジャンプ定期購読10ヶ月分
・少年少女コミックスだいたい25冊(ジョジョならもうちょっとで3部完。惜しい。)
・青年誌コミックスおよそ20冊(ちょうど狂四郎2030が全巻)
・デトロイト・メタル・シティ DVD-BOX4枚組(アマゾン予約価格)
・DL版エロゲーだいたい4本
 (例1……同級生・遺作・肉体転移・ぱちもそ)
 (例2……腐り姫・CANONBALL・サフィズムの舷窓・蒼天のセレナリアファンディスク)
・マキシシングルCD 10枚
・オフセット印刷費 A5・20ページ50部(表紙一色刷)
・色上質中厚口 A4 6000枚
・1000円の同人誌10冊
・イーフロンティア Shade 10 Basic for Windows
・ジャストシステム ATOK 2008 for Mac + Windows 通常版

……「10000円ってたいしたことないよね!」って論調に持っていくつもりでしたが
「そりゃフォントなんてもんを買うよりは漫画25冊のがいいよ」って人も当然いますよね。しまったここまで頑張って書いて無駄足か。
私にとっても10000円はかなりの大金ですから
「DVDに10000円出すならフォントだって安いもんでしょ!」とはとても言えません。
でも、同人誌を作る人にとってはフォントというのは絶対あればあるだけ役に立つものです。
12色で絵を描いてもうまい人はうまいけど、256色ならもっと豊かな表現が可能なように
たくさんあればあるほどデザインの幅が広がります。
いっぱいあっても結局使うフォントって偏ってきますが(笑)
使ってみないとそのフォントの良さも欠点もやっぱり見えてこないのです。
まあ、600もあれば中には「ちょっとこれは」ってのもいくつかありますが(笑)
基本的には私はダイナコムのフォント、嫌いじゃないです。
「初めに何を買ったらいいんだろう」って人は買って損のないパッケージだと思います。

フォントは服と同じ、ってタイプラボさんでおっしゃってましたが
ダイナフォントはまさにチープで可愛いノーブランドのおしゃれ。
あちこちで同じ服を目にすることもあるけど、見栄えがするのも可愛いのもいっぱいある。
ブランド物にはないちょっとアンバランスな魅力もあったりして
多彩な着こなしの楽しめる量販既製服って感じです。
プロの人がダイナフォントばかりではちょっと、というのは
タレントや女優さんが公の場に出るときはやっぱりブランド物で装うべき、ってことなんじゃないかな。
そしてわれわれ素人が分不相応にブランド物をほしがるのもよくあることなわけです(笑)

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

2008-06-12

素晴らしい研究の成果

すっごいサイトを見つけたのでご紹介
管理人さんはデザイン関係の人なのかなあ、圧巻の一言です。
ライトノベルってこんなにあったんだースゲー!
そしてそのフォントをひとつずつ調べるその根性と眼力に脱帽です。
分布図には爆笑させていただきました。ほんっとすごいなー。感動した!
自分のブログの存在意義をちょっと見失いそうになりました(笑)

しかしリュウミンのシェアはすごいですね。
実は私もリュウミンを買ったのでさっそく先日合同誌の原稿に使ってみたのですが
なんというか、リュウミンってこう、ピシピシッとした字なのですよね。予想以上にシャープというか。
決して悪い書体ではない(先のリンク先の管理人さんはお嫌いのようですが)と思いますが
もしかしたら、ちょっと自分の作風に合わないかも……高かったのに!いや、新ゴもほしかったし、いいんですけど。
でも商業誌で多用されているせいか、印刷した字を見たときは「うわーなんかプロみたーい!」という気分になりました(笑)
フォントだけでプロ気分とは、安いな。
しかしこの分析にはかなり考えさせられました。
萌え系ライトノベルはリュウミンL-KL、エロ重視派は太ミン、文学寄りはイワタオールド、なるほどおぉ~!確かに、ちょっと太いウエイトの方が肉感的かもしれないなー。
ここらへんはちょっと今後追及していきたいテーマであります。
そして私の好きなリョービ本明朝、どこも使ってないのかーちょっとさみしい。
リョービがんばれ超がんばれ。

そういえば、最近のハーレクインロマンスって、小塚明朝使ってますよね?
私はハーレクイン読まないのですが、職場にあったのでちょっと調べてみて「多分そうじゃないかなー」と思うのですが、違ったらすみません。
ずっと「小塚は明るい、コメディタッチな話に合う」と思っていたので少々意外だったのですが
よく考えたらハーレクインは必ずハッピーエンドなわけだし、湿ったイメージもないわけだから
明るい書体の方が似合うのかもしれませんね。
それにしてもハーレクインのタイトルって、ロマンチックだしそれなりに凝ってるのに
どうして全然「自分の同人誌のタイトルにちょっとお借りしよう」と思えないんだろう、不思議だ。


ここからは自分語りなのですが
この間のイベントで出した新刊が「3人の主人公が入れ替わり立ち代わり主人公になる」という形式だったので(もしかしたらやおい本では珍しいかもしれない)
各主人公にはそれぞれ違うフォント(前にここでも愛用の本文書体として紹介した本明朝、イワタ細明、DF教科書体)を使ってみました。
教科書体はともかく、イワタと本明は思ったより違いが出なかった(よく見りゃすぐわかるけど)みたいで
たぶん読んだ人は誰も気付いてないだろうなー(笑)
商業誌でいちいち語り手ごとにフォント代えるなんて凝り症のミステリ作家くらいしかやらないだろうし、そういう遊びを自由にできるのが同人のいいところです。
プリンターのありえない隙間に紙が詰まってイベント前日に死ぬ思いをするとか、そういうのも終わってみればいい思い出なのです。

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

2008-04-12

ゲームには気をつけろ!

まさか自分のブログ記事がゴルゴ31さんやカトゆー家断絶さんにリンクされる日が来ようとはなあ……
はてなでブックマークしてくださった方もありがとうございます。
せっかくたくさんの方に来てもらったのだから何か有益な情報を、そうだ商業利用OKなフォントの一覧でも作ろうか、と思ったらもう作ってらっしゃる方がいました。
(こちらのサイトもはてなブックマークのコメントで知りました。ありがとうございます。ネットって便利だなあ)
ダイナフォントはこのリストには入ってないけど商用利用許諾を見た限り「商標登録するロゴやデジタルコンテンツに使うなら別途料金いるよ」ってことだと思うので、普通に紙に印刷する同人誌はOKじゃないかな。タイプムーンも20万とか払ったんでしょーか。
イワタやリョービ、モトヤといった老舗メーカーも商用利用について見ると「ゲームやテレビのテロップに使うときは別途契約が必要」とあります。同人ゲームを作る人はフォント使用については相当注意したほうがいいと思います。
実は私も同人ゲームを作ってるところなのですが、ボタンひとつ作るにも気が抜けません。
MS明朝とかも使わないほうがいいみたいですよ。それを知ったときは正直驚きました。MS明朝なんて空気みたいに使えて当然だと思ってましたよ。あっぶねー。
私はかなり遅筆なほうで、同人誌も一年に激薄の本を5~10冊出す程度なので、年単位でメーカーの全書体を自由に使えるフォントワークスのLETSMORISAWA PASSPORTに入会する予定はいまのところないのですが
そりゃFWやモリサワのフォント使い放題、フォント好きならあこがれないわけがないですよ!
さらにこのふたつのライセンスは印刷はもとよりゲームやロゴ、テロップやweb等にも使ってOK。
リュウミンとか新ゴとか人気ないみたいだけど私はいい書体だと思うし(まあ基本書体買ったんでリュウミンと新ゴは持ってるんですが)、丸フォークも可愛いなあ。
フォントワークスのフォントはいっこも持ってないのですがスーラやロダンには前からあこがれてます。筑紫明朝も綺麗ですよね。システムを不安定にするほどインストールしてフォントフォルダを埋め尽くしてみたい!
今のところはどちらも1年の利用金額が私の2ヵ月分の生活費くらいなのでとても無理ですが、なにかの拍子に大金が入ったら絶対入会するんだ、と思ってます。

モリサワパスポートについては和文フォント大図鑑でとっても詳細にレポートが書かれていました。
同人ゲームで大儲けする予定のある人は、入った方がいいと思う。


MORISAWA PASSPORT ONE新規MORISAWA PASSPORT ONE新規
(2007/12/06)
Array

商品詳細を見る

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

2008-04-09

フォントの商用利用と同人その2

前回の記事で「同人でフォントを使用する場合は商業利用であり、商業利用不可のフォントは同人誌に使っちゃ駄目」とかエラそうに言いましたが、私自身つい最近まで「PCに入ってるフォントはすべて同人誌に使用したところで何ら問題はない」と思っていました。
これは私の作ってる本が実に小部数という事実も大きいと思うのですが(笑)「こんなにちょこっと(100部以下)しか刷ってないんだし、所詮は内輪に出回るだけ。それに赤字なんだから個人的利用だよね」って意識でした。
昔買ったPCにプリインストールされていたフォントはCDに焼いて新しいPCにもインストールして使っていたし、「個人利用のみ可」のフォントもバンバン表紙のタイトルに使用していました。
あなたのPCの中にも「最初から入ってた」ってフォントや「どこから入手したか覚えてない」ってフォント、いくつかあると思います。
PCメーカーのサービスなのか何かのソフトやハードに付属していたものなのか(プリンタやエディタソフトやDTPソフト、素材集なんかにもよくフォントがバンドルされてますよね)、それが商用利用していいものなのか悪いものなのか、もうわかんない!いいじゃないちょっとくらい!というのが正直な気持ちだと思います(笑)
個人的意見を言うと、そういうのはよほどあやしくない限りは使っていいんではないかな……と思ってます。あくまで常識的な範囲での話ですが。不正な手段で入手したんでなければ、きっとどこかでお金は払ってるはず。買ったPCにもともと入っていたなら、その金額もPCの価格に含まれているのだと思います。
ただ「今使おうと思ってるこのフォントも、どっかから自然発生したものではなく、誰かが時間や手間をたくさんかけて作ったもの」という意識は忘れないでいたいですね、フリーフォントでもそれは同じだと思います。二次創作で原作へのリスペクトを忘れてはいけないのとちょっと似てるような気もします。

で、「商用利用不可」のフォントの場合ですが、昔私が「同人は商用じゃあなくて個人的利用」と思っていたように「同人が商用か否か」は世間的にはまだまだグレーゾーンかなあ……と思います。
だいたい同人がデジタルに移行しはじめたのだってここ10年くらいの話ですし、メーカーさんも商業印刷に関してはそれぞれしっかりとした規約があると思いますが、同人に対して明確なスタンスってまだ持ってるところは少ないんじゃないかなあ。
同人そのものの実態をよく知らないメーカーもあると思うし、「素人の趣味だから黙認」ってところも「お金のやり取りがあるならたとえ小額でも商用」ってスタンスのところもあるんじゃないかと思います。
実際フォントメーカーがわざわざ同人誌をチェックすることはまずないと思うので(コミケで壁になったりとらのあなに大量卸するくらいの規模だとちょっとわかりませんが)、もうそこらへんは使う側の良識にかかってると思います。
モトヤさんなんて全書体の試用版があるばかりでなく一部のフォントは完全な製品版と同じ試用版をDLさせてくれる太っ腹っぷり。その気になれば同人なんてノーチェックで使い放題です。またどれもいいフォントなんだ。アポロなんて洗練の極みですよ。いつか買うつもりでお金ためてます。
でもやっぱり試用版はメーカーさんの好意であり「気に入ったら購入してね」ってことであり、決して「これ使って同人誌作ってもいいよ」ってことじゃないと思うので、我慢しています。あ、でも値札にはちょっとだけ使っちゃいました、すみません。
あと、気になるのがこのフォントパックの存在です。
ニィス 丸徳フォントパック 日本語100書体 Windows対応 TrueType日本語書体ニィス 丸徳フォントパック 日本語100書体 Windows対応 TrueType日本語書体
(2003/09/05)
Windows

商品詳細を見る

私はこのニイスの屋台骨「TTウイン」シリーズをてがけた三宅康文氏の独特のはっきりしたデザインを一目見て気に入ってしまい、このパックも「うわあ100書体でこれなら激安じゃん!」とロクにメーカーサイトの説明も読まずに入手したのですが
これって「個人使用のみ」なんですよね……同人誌、いいのかなあ。だめかもしれん。
私も一度「同人は商用」と自分の中で定義してしまった手前もうこれを表紙に使うわけにはいきません。激安とはいえそれなりのお金出して買ったのにぃ~! という気持ちはぬぐえません(笑)くやしいんでチラシに使ったりしています。
メーカーサイトの文字の使い方(pdf)を見ると「業務用には使えません」と書いてあるから、「同人誌は個人使用に入る」という認識なのかもしれないですが……
神楽とかウインZとか、すごくいいのにい。ためらいなく表紙に使っていた頃に戻りたい(笑)
ニィスに問い合わせてみようかな。もしこのフォントパックの同人使用について知ってる方がいらっしゃいましたら教えてください。

「お金のやりとりがないチラシや無料配布本なら商用不可のフォントを使っていいのか」「問題は売買が発生することであり、金額や部数は関係ないのではないか」「同人と言っても所詮は個人の趣味、それを商用ととらえるのはどうか」等、同人誌の形態が千差万別であり、かかわる人々の意識もさまざまである限りいろんな意見が出てしまうのは仕方ないと思います。私自身「同人は商用利用」というスタンスではありますが、「本はだめだけどチラシくらいならいいんじゃないかな?」程度の甘い認識を捨て切れませんし。

ともあれ前にも書いたように、どのフォントも誰かが時間と労力とお金をかけて作ったものだということを忘れずに使っていきたいものですね。

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

2008-04-02

フォントの商用利用と同人その1

タイプラボのメールマガジンでこのブログを紹介していただきました! ありがとうございます!
おかげでものすごい数のアクセスがあってちょっとビビっています。今まで一日10人とかそんな感じでやっていたので。
ご来訪まことにありがとうございます。ごゆっくりどうぞ(といってもこの間はじめたばかりで記事が少なくてすみません)。

というわけで今回はちょっと真面目に「フォントの商用利用と同人」について語ってみます。
同人誌と一言で言っても、内容も発行部数も本当にさまざまです。何千部も発行されるものもあれば数十部しか発行されないものもあります。
さて、フォントを使うに当たって、はたして同人誌は「個人的使用」に含まれるのでしょうか。
個人的には、小部数の本は個人的使用と認めてくれないかなーと思わないでもないのですが(笑)
やっぱりお金を取って販売するものに使う限り、同人誌だって立派な商用ですよね。だから基本的に各フォント会社の「商用使用許諾規定」に従わなくてはいけないと思います。
思うけど「発行部数30部の本作るのに一万円のフォント買うのはキツいよねー」と思ってしまうのもまた事実。本文に使う書体ならまだしも、タイトル部分に使うデザイン書体なんかは個性が強ければ強いほど頻繁には使えないですし。
今現在、フォントを購入する人って大部分がプロのデザイナーさんやDTPオペレーターの人だと思うから、メーカーさんも「商用利用=プロの現場で使われる場合」って意識なのだと思います。
だからこそのあの値段なわけで、まだまだ単なる趣味の同人作家は「高価なフォントを購入する層」の中には含まれてない。
中には「同人は趣味だから、少しくらい高いフォントも『お金のかかる趣味』と思って割り切ってる」って人もいますけど、私のような「ほしいけど万単位はとても無理」って人の方がたぶん多いんじゃないでしょうか。
あ、別に「だからもっと安くしろ」と言ってるんではないんですよ!何万もする書体にはそれだけの価値があるのだし、1書体を開発するのは気の遠くなるような手間と時間がかかると思います。
でも値段だけで敬遠されてしまうのももったいないなーと思ってしまうのですよね。

商業使用よりちょっと廉価な「同人ライセンス(商用不可だけど同人誌なら使用可、ただし部数1000部以内に限る、みたいな感じ)」みたいなものができてくれたらいいんだけど、やっぱりちょっと難しいかなあ(笑)
それで第一水準のみ収録で一書体2~3000円なら、ほしい書体いっぱいあります!
まあ昔は同人誌の表紙タイトルは自分で手で書くもので、印刷所で写植を頼んだら一タイトル1000円以上するのが普通だったから、それを思えば随分贅沢言ってるなーと思いますけどね。
もしここを見てらっしゃるメーカーさんがいらっしゃいましたら、ぜひご検討ください(笑)
2008-03-25

同人誌にフォントをつかってみよう

今回は単なる雑談です。

同人誌には主に絵中心の本と文章中心の本があります。って偉そうに言いましたが普通に本屋で売ってる本もそうですね。
私は小説の本を作ってますが、小説本の表紙というのはなかなか難しいものです。
マンガですと表紙の絵で作者の絵柄や技量、内容の傾向などがある程度把握できます。
表紙だけすごく綺麗な本で中身ががっかり、ってこともあるしその反対もありますが(笑)
絵を描くことで表紙にかなりの情報量を盛り込むことができます。

しかし小説の本は表紙だけでは内容が把握できません。
ちょっと読んでみないことには文体が自分好みか、内容が自分の苦手とする展開にならないか、書き手の文章がうまいか下手か、なかなかわからないのですよね。
そこを逆手に取って、表紙で騙すこともできると思いますが(笑)
マンガの本と同じように表紙に絵を載せることもできますが(自分で描いたり、お友達に描いてもらったり)マンガ本を買いたいお客さんからしてみると「なんだ、表紙に絵があるからマンガ本だと思ったのに小説かー」みたいながっかり感は避けられません。私は表紙が絵の小説本も好きですけど。
絵以外では写真を使ったりトーンやパターンを使ったり、市販の装飾罫線を使うなど皆さん工夫していらっしゃると思います。
私はフリーの写真やイラストレーターで適当にパターンを作ったりすることが多いです。
でも実際のところ、ちょっとしたいい紙(特殊紙はいろんな種類があって、これも色々調べると奥が深くて楽しいですよ!)にタイトルだけでも格好はつくのですよ。そこでフォントの選択が重要になってくるわけです!
やっとフォントの話になりました、長い前振りでしたが(笑)
普通に本屋さんで売ってる本でも、表紙にはシンプルにタイトルと著者名だけって装丁わりとありますよね。最近だと「東京タワー」とか(最近じゃないか)。
可愛い話なら可愛いフォント、シリアスな話なら落ち着いたフォント、和物なら和風なフォントや筆文字フォント、すぐれたフォントにはそれだけでイメージを伝える力があります。レイアウトやデザインについては私こそ教えてほしいくらいなのですけど(笑)字だけなら、よっぽどのことがない限り失敗はないです。小さい文字で綺麗にまとめるもよし、大胆に大きく使ってもよし。ただMS明朝やMSゴシックはディスプレイ用のフォントですから、やっぱり拡大するのにはあんまり向いてないです。
フォントというのは数があればあるほどデザインの選択の幅が広がります。でも「それはわかってるけど、買う金ないんじゃー!」って方もいらっしゃるでしょう。オタクは金がかかるからね! 同じ値段ならDVD-BOX買うわ! って気持ち、私もよくわかる(笑)
そこでフリーフォントです。世の中には無料で自作のフォントを公開してくれる菩薩のような人がいっぱいいるんですね。
とはいえ漢字まで揃ったフリーフォントはいわゆる手書きフォントが大半で、タイトルに使えそうなものはあまりありません。私は手書きフォントはもっぱらあとがきに使ってます。
タイトルにも使えそうな漢字のある日本語フォントというと、Chipheadの「しねきゃぷしょん」、あくび印の「あくびん」や「じゃぽねすく(漢字の数は少なめ)」なんかがお勧めです。あくび印さんのフォントはみんな可愛くて使いやすさも抜群!いつか各書体のレビューをしたいなあ。
そしてフリーフォントといえば1バイトフォントです。英数字のみならず、ひらがなやカタカナもいろんな個性的なものがいっぱいあります。
「1バイトフォントって何?」って思う人もいっぱいいると思います。私も数年前までよくわかりませんでした。「どうしてインストールしたのに入力しても画面に出てこないの?」と思ってました。
私たちがふだん普通に使ってる日本語のフォントは2バイトフォントです。1バイトフォントとは、つまり英数字フォントのフォーマットです。そのフォーマットにかなを当てはめたのが1バイトかなフォントです(なんか私のこのつたない説明でちゃんと伝わるかなあ、すっごい不安)。
1バイトフォントはたとえカナでも英数字と同じように入力しないといけませんから、日本語入力をオフにして入力しないと出てきません。アルファベット一文字(大文字小文字はそれぞれ別の文字です)にかなの一文字が該当するように作られているんですね。たとえば「S4Dyd」=「ドウジンシ」というように。この配列はフォント作成者さんによって微妙に違います。
フォントをダウンロードするとたいてい「配列表」が添付されていますが、正直それを見ながら入力するのはすごくめんどくさいです(笑)かな入力のキーボード配列に準じてることが多いので、かな入力の人はさほど面倒でもないと思うのですが、私はローマ字入力なのでお手上げです。
そこで役に立つのが「らくかなフォント」というフリーソフト!(Winにしか対応してません、Macの方すみません)
有名なフリーフォントはだいたい網羅されてるし、そこにないフォントもだいたいの配列は似ているので応用すれば入力はぐんと楽になります。フォント関係のツールは他にもいろいろあります。私はフォント一覧印刷君も愛用中。
フリーフォントで有名どころと言えばグレイグラフィックスGAU+FLOPDESIGNマニアッカーズデザインなどですが、他にも数え切れないほどあります。アニメ好きな大きいお友達やジョジョファンには i2f ははずせない!(笑)
むやみにたくさん集めてもしょうがないですけど、気に入ったものを日頃から集めておくといざという時役に立ちます。
ただしフリーフォントでも商用不可だったり「商用は要連絡」だったりするので、そこらへんは各サイトの規約をしっかり読んで守ってくださいね。上記のサイト様のフォントはどれも同人OK!(2008年3月現在)ぜひ使いこなして素敵な表紙を作ってください。

小説本文のフォントについては前にちょっと書きましたが、実際のところあんまり読む人は本文のフォントなんか意識してないんですよね。潰れたりかすれたりしてなくて読みやすければ。
それは中身のフォントに無駄にこだわってる私の本より、MS明朝(最初にwindowsに搭載されてるフォントです)の友達の本の方が倍くらい売れてるという切ない事実が証明してます(笑)
でもそこはそれ、誰も見てなくてもおしゃれすることによってお年寄りが元気になるって実験結果もあることですし!
たとえ自己満足でも、美しい本を作りたければ美しいフォントを使うことも大切だと思うのですよ。フォントだけよくても駄目なもんは駄目、ってのは、このブログの趣旨から外れるので今は考えないことにします(笑)
もちろんMS明朝も悪い書体ではないのですが(私の愛する本明朝が元でもあるしね)ちょっとウエイトが細すぎて私にとっては物足りないんですよね。
小説の本を出すならひとつお気に入りの本文用フォントを入手しておくと本を作るのが楽しくなるので、お金に余裕がおありの方はちょっと奮発してみるのもいいかと思います。

なんかアホみたいに長くなりました、ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。
それにしても私はなんて説明が下手なんだ。

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

2008-03-18

小説本文のフォントについてあれこれ

小説本文に使う明朝体、こだわってらっしゃる小説書きの方も多いかと存じます。
明朝とゴシックはどこのフォント会社も一番力を入れて特色を出そうとしてる分野だと思いますが
もちろん私は一見しただけでどこの何という明朝か当てる、なんて芸当はできません。
ここの人はほんとすごい。
同人小説に使用されてるフォントで人気なのは字游工房の游明朝、イワタオールド明朝、大日本スクリーンのヒラギノ明朝などですが、私はどれも持っていませんorz
游明朝の端正で流麗な文字組、イワタオールドのクラシカルな重厚さ、ヒラギノのシャープな切れ味、あこがれるなあ。
とはいえ私の手持ちのフォントもわりとがんばって揃えたもので、いい仕事してくれてます。
私が書いてる小説の内容は、軽めのラブコメからわりとシリアスなものまでとりあえず恋を主題としたものばかりなのですが(まあ、同人で小説書いてらっしゃる方は八割がたそんな感じだと思います)
基本はイワタ細明朝、しっとりした色っぽい雰囲気を出したい時はリョービ本明朝、コメディタッチの作品は小塚明朝、回想シーンや日記、手紙文なんかにはダイナフォントの教科書体を主に使っています。

雰囲気耽美系のはしりかと
イワタの明朝はきれいで真面目でニュートラルなフォントで、シリアスもコメディも、エロでも純愛でもなんでもいける優等生です。文の雰囲気を壊すことのない万能選手で使い勝手がとてもいい。


どこのJUNEかと思ったのは私だけではないと思う

リョービの本明朝はMS明朝の元になった書体で、漢字はしっかりしてるのにかなは妙に色っぽく、ロマンス系に向いていると思います。ちょっと促音の「っ」が大きいのが気になるときもあるのですが。かなは小がな、新がな、新小がなとあるので気分で使い分けています。新かなの方がより情緒的な感じかな。(画像は新小がなを使用)



一番好きな連続殺人犯はジェフリー・ダーマーです

小塚明朝は懐が大きいって言うんでしょうか、ゆったりした明るい感じの書体でコメディタッチの話に向いてるんじゃないかな。線の強弱があまりないのがライトな印象になってるんじゃないでしょうか。


ごんぎつねで泣かないやつとは友達になれない

そしてダイナフォントの教科書体は、ためしに使ってみたら思いのほかいい感じだったのでかなり重宝しています。明朝よりやさしい感じで、最近回想シーンにはもっぱら教科書体です。ちょっと明朝より字面が小さいので0.5pt~1ptくらい大きくして使ったほうがいいと思います。
そして先月とうとうあこがれのリュウミンを買いました。興奮が抑えきれません。
次の本でさっそく使ってみようと思います!

ついでに本文の字の大きさですが、私はだいたい9.5~10.5ptにしてます。A5なら2段で20~25行程度。B6で作るときは天のあきを多めに取って一段で組んでます。
どうもこれって巷の同人誌の基準よりかなりユルユルな版組のようなのですが、年のせいか同人誌で小さい字がぎゅーっと詰まってると疲れてしまうのです(笑)商業出版されてる文庫とかなら平気なんですけどね。まあ素人の書いた文ですから、せめて物理的に読みやすい方がよろしかろうと。
2ちゃんねるの同人小説系スレを覗くと「文字がぎっしり詰まった本はどれも面白く読み応えがあり、スカスカ装丁の本には当たりなし」って概念があるっぽいので、うちの本はどうも読む前からハズレ認定みたいですが(笑)
どんだけ面白くても9ポになるともうつらいのです。年は取りたくないですね。

和文フォント大図鑑同人誌の小説まとめwikiにはもっといろんな書体見本があるので、興味がおありの向きは見比べてみるのも一興かと思います。

※書体見本の文章は青空文庫より。携帯で見ながら手打ちしたので間違いがあったらすみません。

theme : デザイン
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

クロノ

Author:クロノ
同人やってます。小説本作ってます。フォント大好きです。
一度とて売れたためしがない底辺同人作家だけどフォントや紙にはこだわりまくり、貧乏なので印刷所に頼むお金もなくプリンタ出力で本を作ってます。
でもやっぱり売れないので経費ばかりかさむ今日この頃。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。